<   2017年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

小春日和

c0367444_06594358.jpg
暖かな1日でした。

こんな日にベランダの掃除や

外回りの片付けをしたかったなぁと思いながら、

何もできませんでした。

いいお天気だと遊びに行こうと思うより、

洗濯や掃除のことを考えてしまうなんて、

あぁ私は主婦だなぁと思います。



気持ちの良い日があれば、

寒くて辛い日もあり、

おだやかなお天気もあれば、

荒れ狂う天候もあり、、、



自分がいい人に思える時もあれば(笑)、

悪魔!と思う瞬間もあります。

絶対にいい人も、絶対に悪い人も、

いないのだろうなぁと思います。




自然をよく見ていると、

この世のありのままを見事に表現していて、

自分がいかにちっぽけな幻想に

しがみついていることがわかります。

おごることもなく、

しがみつくこともなく、

毎日、毎日、前を向いていきたいなぁと思います。



小春日和のような暖かい日が、

またすぐに訪れますように。


by tomozoushigaya | 2017-11-30 07:12 | 時間のこと・日記・つぶやき | Comments(0)

炉開き

月に一度だけ行っているお茶のおけいこ。

昨日は炉開きでした。

11月はお茶の世界では季節が変わり、

新茶の封を開けるとてもおめでたい月だそうです。

茶室の中央に炭とお釜が移動し、

秋の草花たちから椿にお花が変わりました。

季節はめぐってゆくのですね。



掛け軸には大きく「一」と書かれていて、

利休道歌のひとつが添えられていました。


稽古とは一より習い
十を知り
十よりかえる
もとのその一


いつでも、いつまでも初心に戻り、

学ぶことのできる嬉しさを、

お茶に教えられている気がします。



80歳を過ぎてとてもお元気に

お茶を教えられている先生。

数年前まで25年ほどの旦那さんの介護を

自宅で続けられていたそうです。

病院やリハビリの送迎のため、

58歳で運転免許を取ったと聞きました。

ずっと洋裁のお仕事をしていて、

若い頃に好きだったお茶を再開したのは、

50歳の頃だったそうです。

ひとつひとつのエピソードが、

そして先生の存在そのものが、

私に生きる元気と知恵をあたえてくれて、

恵まれたご縁に、感謝の気持ちがあふれます。



お茶の世界で感じることも、

友の会で感じることも、

私はどちらも同じ種類の幸せを感じます。




昨日ははじめにおぜんざいを。

お稽古のあとに美味しいお食事をいただきました。
c0367444_06512920.jpg
いつもは皆で分担してお料理を用意したりするそうですが、

今回は無理だったのでお弁当を。

それでも先生が白和え(絶品!)とお漬物と

金沢の加賀麩不室屋のお吸い物と

柿を添えてくださいました。



お腹いっぱいに満たされて、

とても夕食を作る気にならず、

子どもたちの夕食はあり合わせのものに。

スーパーでアジフライを購入しました。



年末せわしなくなっていた頃、

思いがけなく、楽しく豊かな1日をいただきました。

また、今日も新しい1日が始まりますね。

一に戻って、進んでいきたいと思います。




by tomozoushigaya | 2017-11-29 06:52 | 教養・友の会 | Comments(0)

肉豆腐・簡単すき焼き

寒くなって、お鍋の回数が増えました。

水炊き、キムチ鍋、白菜と豚バラの重ね鍋など。

どれもとても美味しいのですが、

それでも続くと飽きてきます。

先日は、お鍋の材料のまま、

肉豆腐を作りました。

c0367444_07135957.jpg
味付けはとても簡単。

醤油、砂糖、みりんを同量に。

これは昔テレビですき焼きのレシピが

紹介された時に覚えました。

とても高いお肉(あまりないけど)のすき焼きでも、

一人分の肉豆腐でも、美味しくできます。

写真では野菜が少し少ないけれど、

野菜や豆腐などから水分が出るので、

ちょうどよい濃さに薄まります。

(この時は、冷蔵庫に油揚げがあったので、

入れました。味が染み込んで美味しいです。)



あまった肉豆腐を卵とじにして、

ご飯の上にのせて、

もみのりをのせて食べるのも、

とても美味しいです。



フライパンひとつでできて、

準備も片付けも本当に楽チン。

我が家の定番です。

お鍋に飽きたら、

どうぞ作ってみてくださいね。



by tomozoushigaya | 2017-11-28 07:18 | | Comments(0)

11月最後の日曜日

昨日の日曜日は、塾に行く上の子用に

お弁当を作りました。
c0367444_06270538.jpg

卵焼き以外は全て作ってあったので、

詰めるだけの楽チン弁当。



お弁当の半分はごはん、

おかずの半分はたんぱく質のおかず、

残りの半分は野菜。

あと、お豆があったらよかったな。

この基本が分かってから、

お弁当を作ることを、

あまり負担に感じなくなりました。



お弁当であろうが、

普段の食事であろうが、

摂りたい食品のバランスは、

かわらないということですね。

あとは、冷めても美味しい味付けや

詰め方を工夫すればよいのだと。




お弁当を作り、子どもを駅まで送って、

そのまま町会のおそうじに参加し、

午後はまとめなければならないお仕事。

下の子どもはどうやら水疱瘡を発症している模様。

11月最後の日曜日なのに、

なんとも地味な1日でした。



もう、師走がすぐそこですね。

毎年感じる、このどきどきした気持ち。

みんな感じるものなのかな。

年末家事の予定を考え、

はやめに取り掛かりたいと思います。





by tomozoushigaya | 2017-11-27 06:36 | 時間のこと・日記・つぶやき | Comments(0)

毛玉とり

昨日は絶好の行楽日和でしたが、

私は1日家にこもっていました。

まとめなければならないお仕事の合間に

毛玉とり。

お見せするのもはばかられるのですが、、、
c0367444_06424863.jpg
見事に毛玉がつきました。

何年も色柄ものと白いものも分けずに、

洗濯機でガラガラと洗い続けた結果。

冬専用で、履くのは家の中限定で、、、

さすがにもう処分しようと思ったのですが、

先日、100均で毛玉とりを購入したので、

試してみました。

(以前家にあったはずのものが、どうしても見つからず

諦めて新しいものを購入しました)



ウィーンと音を立てながら毛玉をとったら、

とっても綺麗になりました。

が、しかし、、、両足の前面を綺麗にしたところで

新しく入れた単三電池が切れてしまいました。

仕方ないので、大きな毛玉はハサミでとり、

仕上げだけ毛玉とりを使うことに。
c0367444_06424012.jpg
もう少し電池が長持ちしてくれたらよいのにな。

とても地味な作業をもくもくと。

外はいいお天気なのに、

一体私は何をしているだろう(笑)。

こういう作業は雨や雪の日などにやるのがいいのかもしれません。

c0367444_06423296.jpg
それでも綺麗になりました。

これなら外にも履いていけそう。

現役に復帰してもらいます。



ネットに入れて洗濯したら、

毛玉はできないのかな。

あれこれ実験してみようと思います。




by tomozoushigaya | 2017-11-26 06:55 | 衣服・手しごと | Comments(2)

もうすぐ師走

c0367444_08563725.jpg
昨日の夕暮れ。

雲に夕日がキラキラと反射して、

とてもきれい。

すぐに消えてしまう美しさだから

余計に心惹かれるのかな。





昨日の朝はママサークルのヨガに行き、

午後は学校で面談

あっという間の一週間でした。



来週はもう師走。

年明けの予定まで出てきて、

なんだか慌ててしまいます。

今日は土曜日。

遅いスタートですが、

師走に向けて、体力気力を

蓄えたいと思います。



by tomozoushigaya | 2017-11-25 09:26 | 時間のこと・日記・つぶやき | Comments(0)

大根の葉のふりかけ

先週、生活クラブさんから立派な大根が届きました。

葉がたっぷり先までついていて、

とてもお得な気持ちがしたのですが、

新聞にくるんで、

冷蔵庫にいれたままになってしまいました。

日が経つにつれて、だんだんと気が重くなり、

どうしようかなぁ〜、処分してしまおうかなぁ〜、、

そんな気分になってきました。



自分に与えられたものを、

価値高く使えるようになりたい。

日々、そう願っているのですが、

これがなかなか難しいのです。

それでも、ものを活かすことは、

自分を活かすことにもつながるのだから、と

自分を励まし料理をすることに。



大根の葉は、3分の1位が

しおれて黄色く変色してしまいました。

ごめんなさい。

黄色いところを取り除き、

きざんでフライパンで炒めて水分を飛ばし、

醤油と砂糖で味付けし、

冷蔵庫にあった干しエビ、ごま、

それに海苔、かつぶしを加えました。

おぉ、なんと健康的でおいしいふりかけ。

やれば出来るではないですか!

ごはんにかけても、お豆腐にのせても美味しそう。

お弁当に使えば、彩りもよさそうです。

(+納豆に混ぜてもgood! ビビンパにもあいそうです)
c0367444_06510768.jpg
実は私は以前から問屋さんから海苔を買い付け、

小売して、友の会の共同購入として

利益を納めています。

海苔が大好き。

売るほどあるのに、

友達に先日3帖ももらっていて(笑)。

先週は他のお友達からも韓国海苔をいただいて、、。

海苔に囲まれて生活をしています。

よく、海苔が消費できないと聞きますが、

こうしたふりかけなどに使えば、

あっという間になくなってしまいます。

大根の葉でなくても、小松菜でもできます。

おうちに眠っている海苔があったら、

試してみてくださいね。



ものも活かせて、

なんだか自分も活かされたようで、

なんとも気分のいいものでした。
c0367444_06511402.jpg




by tomozoushigaya | 2017-11-24 06:52 | | Comments(0)

野生の勘

うちの子ども達は食いしん坊ですが、

特に下の子は毎日、

「今日のごはんなに?」と聞いてきます。



一昨日、久しぶりにハンバーグを作ろうと思い、

かねてから試したかった「粗挽き肉」を

購入していました。

普通の合挽き肉に加えて、

スーパーに並んでいた豚肉の粗挽きを購入しました。



私の考えを見抜いているのか、

昨日は下の子が起き抜けに、寝ぼけながら

「今日のごはんなに?」と。

いつも以上にしつこく聞いてきます。

「うーん、考え中だよ」とお茶を濁しました。



午後も帰宅途中の私と、塾に向かう子どもが

横断歩道で出会いました。

そこでもすれ違いざまに「ごはんなに?」

やけにしつこい(笑)。

「ハンバーグだよ」と教えたら、

大喜びして塾に向かっていきました。



初めて粗挽き肉を使うので、

ちょっと緊張しました。

最初から入れてこねてしまうと、

柔らかくなりすぎそうだったので、

たねを練り上げた、一番最後に加えました。


夜ごはん。

c0367444_07280275.jpg
子ども達は大喜び。

「おいしいなぁ。」「おいしいねぇ」

二人がそれぞれ10回くらい、

つぶやいていました。

本当に真剣にぱくついていて、

欠食児童にごはんを出しているよう。

食欲はおさまらず、二人とも

もうひとつずつ、小さなハンバーグを

おかわりしました。
c0367444_07300305.jpg
こんなに喜ぶのなら、また作ってあげよう。

でも、たまにだからこんなに喜ぶのかな。



それにしても、鼻がきくのか、

下の子の勘のよさにはびっくりです。

生まれながらの野生の勘なのかな。

この関心を、ぜひとも勉学などに

向けてもらいたいと思うのですが。






by tomozoushigaya | 2017-11-23 07:38 | 教育・子ども | Comments(0)

ここにある幸せ

c0367444_06392050.jpg
c0367444_06393681.jpg
昨日は雲ひとつないお天気でした。

天気予報では今日から雨マークがついていたので、

余計に貴重な晴れだと思えました。


子どもが1冊返し忘れていた本を、

図書館まで返却に行きました。

面倒だなぁと思いましたが、

自転車でぶらぶらするには、

絶好のチャンスでした。



ラインなどで見ていると、

同級生の多くが世界を股にかけていて、

あちらこちらから画像が送られてきます。

バカンスだったり出張だったり。

素敵だなぁ〜、格好いいなぁ。

振り返るとこちらは、もっぱら自転車を足にして、

半径2キロくらいをうろうろしているばかり。



それでも自転車でその辺をうろうろしていると、

綺麗な景色や自然の風景や、

目に止まるシーンはいくらでもあることに

気がつきます。

昆虫記を書いたファーブルだって、

観察していたのは自宅周りの

ほんの小さなエリアだったと聞いたことがあります。



多くの友たちも、輝かしいシーンの裏では

並々ならぬ努力や苦労をしているのでしょう。

私は私で、今ここにある幸せを

上手に見つけていきたいなぁと思います。


by tomozoushigaya | 2017-11-22 06:51 | 時間のこと・日記・つぶやき | Comments(0)

子どもグループの集まり

昨日は子どもグループの集まりでした。
c0367444_06454536.jpg

子どもグループは、小さな子どもを持つ母の集まり。

最寄りの枠を超え、様々な話をすることのできる

貴重な場所。

昨日は7人が出席しました。

読書は「わがままに対する処置」
『おさなごを発見せよ』より

その前の「わがままを持たせないために」

という章の中で、

まず叱らずにすむようにするというおとが、
子供を育てるものの最初の心がけでなくては
ならないと思います。(中略)
わがままをいいたくてもいうことができないように
するのでなく、できるだけわがままをいいだす
必要を感じさせないようにしなければならないのです。
いいかえればわがままな心を持たせないように
育ててゆくのです。

という文章があります。

そしてそれでも全くわがままを

しないことはないので、そうした時には

子供自身にその後始末を

まかせたほうがよいと羽仁先生は教えています。


成長ののち自主独立の人となって、つねに
進歩し向上してやまない人はみずから己(おのれ)
を反省し、人の力をかりないで悔いあらため得る
人であります。



がみがみと子どもを叱り、

こちらの望むような形に無理やりするのでは

だめだということなのですね。



こうした文章を皆で読んでいると、

必ず自分の生活にもあてはまることがあり、

子どもの年齢の違いによって、

悩みの種類は異なりますが、

子育てに困っているのは自分だけでは

ないことがわかり、救われた気持ちになります。



子どもの年齢が幼稚園から小学生で、

最近は乳幼児を持つお母さんお参加が少ないのが、

ちょっと寂しいところ。

赤ちゃんを連れたママも、

同世代の子どもを持つお母さんも、

もっともっとこの輪に加わってくれたら、

嬉しいなぁと思います。


持ち寄ったお菓子がこんなに(笑)。
c0367444_06465503.jpg
どの本のどのレシピがいい、など

大いに話が盛り上がりました。



この会は雑司が谷方面の会員の集まりですが、

東京第一友の会では、外部の方向けにも

子どもに関する集まりをたくさん企画しています。




そして、全国友の会でも今週の水、木曜日に

おさなご発見U6ひろばというイベントを企画しています。

ご興味のある方は、どうぞ覗いてみてくださいね。




by tomozoushigaya | 2017-11-21 06:48 | 教養・友の会 | Comments(0)