<   2016年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

台風一過

c0367444_08073810.jpeg
今朝の空。

大学生のとき、同級生のK君は

「たいふういっか」を台風一家、

台風ファミリーと思っていたのだ

ということが判明して、

みんなで大爆笑したことが。

30年近くたった今でも、

台風が去ると、思い出して、おかしくて、

一人でくすっと笑えます。



今朝は秋風が吹いていました。

全国的に被害がでていないと

よいのですが、、、。



昨日は私の誕生日。

家族に温かくお祝いしてもらいました。

c0367444_08151332.jpeg

お祝いメールも送ってもらって、

ありがたいなあと思う1日でした。



by tomozoushigaya | 2016-08-31 08:07 | 時間のこと・日記・つぶやき | Comments(0)

アクセサリーの収納

同じ最寄りのSさんは、

お片づけの神様。

先日、アクセサリーの収納について。

おしえてもらいました。

c0367444_17262311.jpg

c0367444_17261189.jpg
ひとつひとつに指定席を作ること。

中敷を敷いたり、仕切りを作ったり

するとよいことを教えてもらいました。

(上の写真にある小さな木片に、

フェルトを巻いて仕切りを作るそうです)



早速私も、普段一番よく使うものを、

整理してみました。
c0367444_17262750.jpg
フェルトが色別に分けられていて、

おおっ!私も成長したな(笑)。

やる気をそのまま行動に移すには、

この、素材の準備がいかに大切か

ということが、ようやくわかってきました。
c0367444_17263307.jpg
一番合う色を選んで、、、

(下段は市販の仕切りです)

c0367444_17263764.jpg
じゃーん。

これだけでも、非常に気分が

すっきりしました。

目に入るだけで、ちょっと嬉しい。



別の宝石箱に、ぐしゃぐしゃっと

投げ込まれたアクセサリーも、

だいぶ綺麗になりました。

(まだ、お見せできるほどではないけれど)



持っているものを、ひとつひとつ

大切にするということは、

もののためにも、

自分のためにも、

地球のためにも

いいことだなぁと、思いました。




by tomozoushigaya | 2016-08-30 07:16 | 住居・家具・防災 | Comments(0)

晩夏の読書

今日は特に記事にすることもないので、

今、借りている本のご紹介を。
c0367444_08191711.jpg
だいたいいつも、図書館で

5冊〜10冊くらい借りています。

いつも全部読み終わるわけではなく、

さーっとぱらぱらして終わることも。

新聞やその他でおもしろそうだと

思う本を予約するので、

2週間に1回は図書館に行っています。

今回借りた本は、どれも面白い。
c0367444_16462459.jpg
朝日新聞で以前コラムを担当していた

稲垣えみ子さんの『魂の退社』。

天気の悪かった先週土曜日、

ソファーで途中何度か、

眠り落ちながらも(笑)、

一気に読んでしまいました。


原発事故を機に、電気なし生活をした

アフロヘアの異色の新聞記者さん。

働くことについて、

深くユニークな見解を述べていました。


稲垣さんが会社がなくてもできると

わかったいくつかのことというのが、

① 古くて狭い家でも平気
② お金がそんなになくても平気
③ 家事ができる
④ 近所づきあい、友達づきあいができる
⑤ 健康である
⑥ お金を稼ぐ


そして、仕事って何だろうと考えた

稲垣さんの意見がとても新鮮だったので

ここでご紹介を。

仕事とは、突き詰めていえば、会社に
入ることでも、お金をもらうことでも
ないと思うのです。他人を喜ばせたり、
助けたりすること。つまり人のために
何かをすること。それは遊びとは
違います。人に喜んでもらうためには
絶対に真剣にならなきゃいけない。
だから仕事は面白いんです。
苦労もするし、思う通りにいかなくても
逃げ出せない。しかしだからこそ達成感も
あるし、仲間もできるし、人間関係も
広がっていく。助けた人から今度は
助けられる。そのすべては、遊んでいる
だけでは手に入らないものばかりです。
本当に仕事って素晴らしいものです。
お金を払ったってやりたいと思う。
そう考えると、本当にやりたいことが、
次から次へと浮かんで止まらなくなります。


わたしはお金を払ってでもとは、

思いませんが(笑)、

会社に属していないという焦りを

日々感じる今、稲垣さんの言葉は

わたしに勇気を与えてくれます。



そういえば、羽仁先生も、

女性初の新聞記者さんでした。

世の中を広く見ている人の言葉は、

多数派ではなくても、

説得力がありますね。

とてもおもしろく、わたしは

すっかり稲垣さんのファンになりました。



続いて読んでいる、盲目のアスリート、

道下美里さんの本も、

とても面白いです。



雨の日の読書はいいですね。






by tomozoushigaya | 2016-08-29 08:50 | 教養・友の会 | Comments(0)

ちいママの朝ごはん

c0367444_16460962.jpg
雨の土曜日。

昨日は上の子が、

朝ごはんを作ってくれました。

前日から、やる気まんまんで、

c0367444_16460584.jpg
にんじん嫌いの弟のために、

グラッセを作るのだと。

もう何年も作っていなかったグラッセ。

そういえば、昔お弁当に

いれていたっけ。


茹でてあったモロヘイヤを

刻むの以外は、

すべてやってくれました。

「これはどう切るの?」

「油はキッチンペーパーで伸ばすの?」

「卵はどのくらいまで焼くの?」

と、ひとつひとつが疑問だらけ。

だんだんと私も疲れてきて(笑)

「ママでなくて、卵に聞いて!」と、

返事もつれなくなってしまいました。
c0367444_16461209.jpg
1時間半くらいかかりましたが、

無事に美味しく出来上がりました。

c0367444_16462052.jpg
みんな、おなかぺこぺこ。

だからというわけではありませんが、

味の方は、お世辞でなく、美味しかった。



見守る側は、急がせないこと、

細かいことを口だしすぎないこと、

完璧をもとめないこと、

感謝すること、、、

心構えが大切だと、(要は忍耐!)

教えられました。


今まではクッキーとかひとつのものを

作ることばかりだったので、

同時進行の料理が難しくも

新鮮だったよう。

近いうちに同じメニューを作ったら、

一気に時間短縮するのではないかな。



以前、『はなちゃんの味噌汁』

という本があって、

ガンで余命わずかなママが、

朝ごはんの作り方を、

ちいさなはなちゃんに

教えたというお話がありましたが、

素晴らしい教育をされたのだなぁと

改めて思いました。

鰹節をけずり出汁をとり、

お味噌も手作りしているはなちゃんを、

テレビで見たことがあります。



小さいうちから料理ができたら

いいですね。

私は大人になるまで、

料理が全くできなかったので。

時間を見つけて、台所に立つ機会を

増やしていきたいなぁと、

思いました。































by tomozoushigaya | 2016-08-28 07:56 | 教育・子ども | Comments(0)

台風に備えて

夏の間、エアコンの室外機から出る水で、

ベランダに水たまりができていました。

なんとなく、目にするたびに、

ちょっと嫌な気がしていましたが、

何も手をつけずに、そのまま日が経ちました。

写真を載せるのも、

とても勇気がいるのですが、、、

こんなかんじ。
c0367444_18513486.jpg
風で洗濯物が落ちたりすると、

この水たまりに落ちて、あぁ〜〜、、

と、がっくりしていました。



台風シーズンに備えて、

排水溝などの点検を、とあったので、

一昨日に調べてみました。



この写真はもう一箇所の排水溝なのですが、

c0367444_18542774.jpg
うわー、なんだこれは!!!!

中からゴミを書き出してみたら、

植木の土などが、こんなにたくさん

溜まっていました。



昨日見たら、エアコンからの水は、

溜まることなく、ちゃんと流れていました。

c0367444_16460157.jpg
こうして見ると、もう少し

ブラシでこすりたいけれど(笑)

すっきりー。

どうしてもっと早く

気がつかなかったのだろう。

これは気分的にも、とてもよいです。

流れを阻むものがあるというのは、

とてもよくないことなのだと、

実感しました。


家まわりの排水も、心の中も、

ゴミや、つかえや、わだかまりがなかったら

どんなに気持ちよいだろう。

目に見えない、流れを阻んでいるもの、

是非とも片付けたいものだと

思いました。


全国で大雨の被害が多数出てきています。

台風の進路も気になります。

無事を祈りつつ、

やれることは、備えておきたいと思います。







by tomozoushigaya | 2016-08-27 06:49 | 住居・家具・防災 | Comments(0)

カレンダーのこと

c0367444_17445093.jpg
もう何年も前から、台所の流しの前に、

小さな鏡とお花とカレンダーを

置いています。



お花は観葉植物だったり、

なにかの葉っぱだけ、

というときもあるけれど、

なにか生きているものが目に入ると、

心が落ち着く気がします。



鏡は、いつも覗き込んで、

自分がぷりぷりと鬼の顔をしていないか

確認するため。

(その割にはいつもぷりぷりしているけれど)



そしてカレンダー。

これは予定を見るためのものではなく、

今日が何月何日かを確認するためのもの。

そして、一日のしめくくりをするために

私は使用しています。

時々日付を変えるのを忘れたり、

当然だけど旅行などしていると

何日も前の日付になったままになっている。

日めくりやカレンダーをめくるのを

忘れた時と似ているけれど、

ちょっと時間に乗り遅れているな、と

確認するための、

私の大切なツールなのです。



今日という日を無事に終えられた、

神様へのありがとうの気持ちを

味わう瞬間。



夏休みも終わりにさしかかり、

そろそろカウントダウンが始まる頃。

うちの子ども達は、

絶望的になっています(笑)。

楽しさをマックス味わって、

最後の宿題の苦しみも存分に味わって(笑)

今年の夏が終わってゆきます。



毎日毎日、日付は変わり、

季節はめぐってゆくのだなぁ。

8月の最後は、子どもの頃から

こうして毎年、少しセンチになるのも、

私の毎年のおきまりなのでした。





by tomozoushigaya | 2016-08-26 06:38 | 時間のこと・日記・つぶやき | Comments(0)

川越水上公園のプール

また遊んでいるのか、と

あきれられそうですが、、、、

昨日は朝から雨と雷の予報があり、

どうしようかと悩みましたが、

今シーズン初めての川越のプールに、

いとこたちと行ってきました。

c0367444_17404075.jpg
天気が崩れる予報だったので、

園内はがらがら。

流れるプールも、波のプールも

広くてゆったり。

スライダーも乗り放題です。



人が少ないことをいいことに、

子ども達と飛び込みや長いスライダーにトライ。

いい年をしてと、思うのですが、

(ちょっとこわい、ちょっとドキドキ)は、

いつも新鮮ですね。



なんとなくの流れで、

プールからあがったあとは、

甥っ子と姪っ子がうちでお泊まり。

子どもは毎日楽しい夏休みだろうなぁと

思いますが、私も負けずに

楽しませてもらっています。



夏だってあと少しなのだから。

めいいっぱい遊んでやろうと思います。

by tomozoushigaya | 2016-08-24 20:46 | 教育・子ども | Comments(0)

北海道のこと

夏に行った北海道。

c0367444_07403284.jpg
この写真は江別の知人の農園の

小麦畑(8月はじめ)。



ここ1週間ほどで、

3つの台風が通過しました。

昨日はニュースで川が氾濫したり、

収穫前の作物が被害を受けたりとの

報道がたくさんありました。



旅したせいなのか、

最近、北海道のことがとても気になります。

恥ずかしながら、昔は

札幌と小樽と函館の場所くらいしか

知りませんでした。

ひとこと北海道といっても、

ずいぶん広く、ひとくくりには

語れないこともわかりました。


知人の農場、キャンプ場のおじさん、

立ち寄った駅前の食堂のおかみさん、

フェリーの船長さん、、、

いろいろな人の顔がうかび、

大丈夫かなぁと案じています。


我が家の家の台所の壁には、

日本地図と世界地図がはってあります。

c0367444_07403574.jpg
でも、これだけでは道内の地名が

よくわからなない。

すぐ手にとれるところに、

もう少し詳しい地図が欲しいなぁと

思っています。


北海道だけでなく、全国で

大雨の被害がこれ以上

大きくなりませんように。




by tomozoushigaya | 2016-08-24 07:59 | 時間のこと・日記・つぶやき | Comments(2)

新幹線の回数券チケット

一昨日、新幹線で帰京しようと、

駅前の金券屋さんの前を

通りかかったら、店内にお客さんが。



お盆の時期はお得な回数券が

使用できません。

入り口のカレンダーを見たら、

20日(日)から、使用可能と。

わーい、今日から使える♪

ラッキー♪と思い、自分の分を購入し、

お店の人に「子どものはないのですよね」

と、つぶやいてみたら、

「小学生のお子さん2人なら、

大人の切符一枚で乗れますよ」と。



初耳でした。

金券屋さんで扱うチケットは、

通常、新幹線の回数券をバラして

販売しています。

子どものものは出回っていないよう。

なので、いつもは自分の分は

金券屋さんで購入し、

子どもの分は駅の構内の

販売機で購入していました。

大人分だけでも500円から700円位

お安くなります。



「自動改札は通れないので、

駅員さんのいる改札を通ってくださいね」

と、親切に教えてもらいました。




浜松に帰る時には正規の値段で

3人分購入したので、

比べてみると、1500円位お安く

なっていました。



子ども二人が小学生という期間は、

あまり長くありませんが、

それでもあと1年半は、使えます。

お正月やGWは使えないのですが、

いいことを教えて貰ったと、

とてもありがたく思いました。

c0367444_06530444.jpeg

小学生二人と、

新幹線で移動されるときは、

どうぞ、使ってみてくださいね。




by tomozoushigaya | 2016-08-23 06:53 | 家計 | Comments(0)

帰京

本当は昨日パパが、

車で浜松に迎えに来てくれる予定でしたが、

台風の進路が心配なので、

昨日のうちに、新幹線で戻りました。

c0367444_08343605.jpeg

富士山も頂上がほんの少し見えただけ。

雲に隠れていました。

c0367444_08393655.jpeg

昨日の時点で、すでに上空の雲の動きは

いつもと違っていました。

無事に帰宅してよかったけれど、

朝から交通機関の乱れが大きく、

困っている人もたくさん。

どうか大きな被害がありませんように。

何事もなく台風が去ってくれることを

祈ります。

by tomozoushigaya | 2016-08-22 08:31 | 時間のこと・日記・つぶやき | Comments(0)