<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

写真で楽しむ雛祭り


先日、お雛様を飾りましたと、

記事にしました。




でも、もう今週の水曜日はひな祭り!

あぁ、もっと早く出しておけばよかったと、

後悔ばかりしています。



こちらは、去年の最寄りのSさんのお宅。

c0367444_15445615.jpg
いつも玄関は、季節の飾り付けが

美しくされていて、

毎回お邪魔するのが、とても楽しみ。
c0367444_15445830.jpg
すみません、写真が暗いですね。

c0367444_15450114.jpg
小さなものまで、とても丁寧に

並べられていてうっとり。

私にはとてもできません。




出すのも、しまうのもさぞ大変だろうと、

いつも思っていましたが、

いつもいつも綺麗に飾られていました。




そんなSさん、

ここのところ、少し体調を崩されていました。

そうしたらなんと、時期を同じくして、

物置の扉が壊れたと。

飾りたくても、お雛様が

取り出せなくなっているとのこと。



これは、神様が今はお休みなさいと

Sさんを休ませようとしているのですね。

今年は諦めましょう、ということになりました。




探してみたら、パソコンのデータに、

去年のうさぎさんの写真が残っていました。

今年は、写真でだけ、

楽しんでおきましょう。










by tomozoushigaya | 2016-02-29 07:13 | 住居・家具・防災 | Comments(0)

あさりのパスタを食べました

我が家の家族は、

あさりのパスタが大好きです。

秋のお彼岸過ぎてからは、

春のお彼岸が来るのを待ち遠しく過ごしています。

(あさりは春のお彼岸から秋のお彼岸までが

美味しいといいますよね?)

冬の間でも、たまに買って作ってみますが。



外出予定がなくなった暇な土曜日。

ちょっと気温もあがってきたので、

そろそろあさりもおいしくなったかも、と

近所の魚屋さんまで、歩いてお買い物。

日差しが暖かく、お散歩にはもってこい。

途中ドラッグストアに寄ったりで、

往復1時間ほどの、楽しいお散歩でした。



あさりの殻が随分大きくなったので、

かなり期待したのですが、

実はまだ小さくて、

やっぱり旬までには、もう少しだなと思いました。

余談ですが、あさりのパスタは、

うちではパパが作ります。

なぜかこれは男の料理となっている(?)


c0367444_16372409.jpg
家族は皆麺類が大好き。

あっと言う間にぺろりと平らげました。




午後もひまでした。

することもないので、プリンを作りおやつに。

c0367444_16372898.jpg

カラメルが作ってあったので、

あっという間にできました。



でもカラメルが少なかった。

子どもが、もう少しかけたいというので、

ホットケーキ用のシロップをかけたら、

これも美味。

これからはこのシロップを使えばもっと楽チン?

いや、カラメルを多めに作って、

このシロップの空きケースに入れたら

シロップも買う必要ないか、、と

あれやこれやと、思い巡らせていました。




なんてことはない、

我が家の休日のお話でした。

お彼岸になったら、

またあさりのパスタを食べようと思います。







by tomozoushigaya | 2016-02-28 07:18 | | Comments(0)

新聞記事に思うこと

昨日は朝までの寒さが少し緩み、

暖かな陽気の一日でした。

午前はママサークルでヨガをして、

午後はのんびりしていました。






朝、新聞で、

インフルエンザ脳症で脳死判定された、

6歳未満の女の子の臓器提供に関しての

記事を読みました。

臓器提供に至るまでの、

ご両親の想いを綴った手紙が

載せられていました。

c0367444_16040146.jpg


思考がストップして、

臓器提供の可否や、

自分だったらどうするかなどと、

考えることはできませんでした。

結論を出すまでの、家族親族の痛み、辛さは

想像を絶するものであっただろうと思います。

私は、新聞の記事に自分の意見を

はっきり持つことは、できませんでした。





また、これとは別にインターネットで

とても切ない映像を目にしました。

亡くなった7歳の男の子の葬儀(外国)で、

白い風船が突然浮かんで動き始めました。

その風船は宙を浮かんで、

ママのところに飛んでいきました。

ママをなぐさめるように、

その風船はママをしばらく漂っていました。




どちらの記事もやるせなくて、

なんて辛いことなのだろうと、

涙があふれました。



大切なひと、

大切なもの、

大切なこと、

大切な時間。




自分は大切な人やことを、

大切にできているのかな?

大切なことは失くしてからでないと

気づけないものなのかな。

自分に問いかけてしまいました。



ヨガサークルでは、

この記事に涙したというママが

何人もいました。

みんな同じ子を持つ母として、

感じることが大いにあることが

わかりました。




世界中の子ども達が、

平和な世の中で健康で笑顔で

生きられるように、

私は何ができるのかな。

身近なところから、

少しずつ考えてみたいと思いました。

とりとめもない文章ですが、、。











by tomozoushigaya | 2016-02-27 07:33 | 時間のこと・日記・つぶやき | Comments(0)

方面会 2月

昨日は方面会でした。

朝は雪がうっすら積もっていた、寒い日でしたが、

友の家のお隣のお庭に沈丁花のお花が。

ここにも小さな春を見つけたと、

嬉しくなりました。

c0367444_16450354.jpg
c0367444_16443457.jpg
昔、私の生まれた家の庭の片隅に

沈丁花の丸い木がありました。

この香りをかぐと、幸せな記憶が蘇ります。

沈丁花の木は背が低く、

ちょうど子どもの顔の高さにお花があって、

私はこの花と、とても仲良しだったのだろうな。

香りが呼び起こす遠い日の思い出。

嗅覚と記憶の関係は、とても深いのですね。




方面会の読書は「まちがいを恐れずに」

『思想しつつ生活しつつ』(中巻)でした。

間違いのないようにないように
という考えの中でことをするのと、
考えた上ではき違えるなら
はき違えても構わないという、
潔い勇気をもって事をする人とでは、
その行為の上に著しい違いのあるものです。
すなわちびくびくものでする仕事は、
間違いがなくても気魄に乏しく、
間違っているなら改めるまでのこと、
自分は今はこう思うのだからと
自信をもってする仕事は、
間違っていても活き活きと気持ちのよいもので、
そうしていつも死んだような行いばかりしている人には、
ほとんど進歩がありませんけれど、
活きた行ないをする人には、
やり損ないがあったにしても、
いつも進歩と希望とがその人に
ついてまわるようでございます。
私どもは、はき違えても構わぬということを
一つの信条として、常に忘れずにいたいと思います。



この文章が書かれたのは1908年。

100年の時を超えて、

こんなに人に勇気を与えてくれる文章を、

皆で読み続けられるというのは、

非常に幸運なことだと思いました。




お当番の落合最寄りが、

一年間、皆で取り組んできたことの

まとめを報告してくれました。

c0367444_16443867.jpg
c0367444_16451306.jpg
「ひとり一言宣言」のその後や、

3つのしらべものから、

分かったことを感想にまとめたりしていました。

個人個人取り組んでいる課題は異なるけれど、

みんなで楽しく励んでいる様子が、

よくわかりました。

80代のTさんや、90代のNさんも

大変お元気に活動されていることに、

私たちも大いに元気付けられました。




お昼はいつものように、

80代のTさんのお弁当を取材(笑)。
c0367444_17303361.jpg
自分のお弁当も上手に詰めたいと

毎回意識しているのですが、

まだまだ足元にもおよびません。
c0367444_16445279.jpg
今日はいろいろ事情があって(笑)

Tさんのお弁当もお味見させて

もらうことができました。

どれもこれも繊細で薄味ながら、

お弁当にはぴったりの味付けがされており、

幸せなお昼を噛み締めておりました。

見るのも毎回美しいけれど、

食べるのも、本当に美味でした。




寒い日でしたが、

たくさんの人が出席できた方面会で、

私もとても楽しかったです。











by tomozoushigaya | 2016-02-26 07:03 | 教養・友の会 | Comments(2)

破れたシャツ

私の属する友の会では、

ここのところ毎年、

衣服の持ち数しらべをしています。



文字通り、持っている数を数えるだけ。

年々減ってきて、今年の持ち数は88点でした。

(処分しきれない死蔵品は他に若干あります。)

衣服の数が減ってくると、

当然お気に入りのものだけが残って、

数が少ないので、いつも似たような格好(笑)。

着る回数が増えるので、

衣服の磨耗も激しくなります。



真夏以外ずっと着ている麻のブラウス。
c0367444_16231172.jpg
気がついたら、肩のところが破れていました。

このシャツがなくなると困るなぁ、

と思いながら10日ほど。

考えあぐねて、そうだ、先輩に聞いてみようと、

手しごとの会に持参しました。



洋裁の先生のSさんに相談したところ、

ああ、これはね、と両面接着できる布を

分けてくださいました。
c0367444_16231572.jpg
どこかから、布を取ってこられるかしら?と

裏を確認しましたが、

取れそうなところはありませんでした。

そういえば、昔は洋服を買うと、

必ず共布がついてきましたね。

最近は、あまり見かけなくなりました。



家で似たような布を探し、

反対側の肩も破れそうになっていたので、

両側に貼りました。

c0367444_16231850.jpg
細い糸で縫って補強しました。

このあたりが、素人丸出しですが、

なんとなく目立たなくなりました。
c0367444_16232251.jpg
改まった席には着ていけませんが、

日常着には充分です(笑)


衣服が安く購入できるようになり、

すぐに買い替えができるようになったのは、

ここ数十年のことなのだろうな。

昔の人はひとつひとつ、修繕していたのでしょうね。

子どもの洋服だって、

ツギハギがいっぱいあったと思うのですが、

最近では見かけなくなりました。



大切な洋服に愛着を感じられるのは、

とても幸せな気分ですね。

次はここまで破れる前に

気がついてあげたい思います。

by tomozoushigaya | 2016-02-25 06:04 | 衣服・手しごと | Comments(0)

我が家のつけ麺


ここのところ気温が少し上がったので、

つけ麺が食べたくなりました。



簡単なわりに、家族にウケのよい、

我が家のつけ麺をご紹介します。

c0367444_16315944.jpg
我が家でつけ麺といえば、なすつけ麺。

パパが若いころに友達と通った

ラーメン屋さんのメニューを再現しようと

している間にできあがったレシピ。

パパの食べたかった本来のつけ麺とは、

ちょっと違います。



フライパンに油をしき、

生姜とニンニクで香りをつけ、

お肉と野菜をいためます。
c0367444_16320292.jpg
水を足し、がらスープ(中華スープ)を適量と

めんつゆで味を調えます。

c0367444_16320633.jpg
麺をゆでて、スープに片栗粉でとろみをつけます。

c0367444_16320989.jpg
あっという間に完成です。

(大人はお酢やラー油をお好みでどうぞ)

待っている子どもも、横で嬉しそう。

黒板にメニューを書いていました。

c0367444_16321271.jpg
変な書き方だけど、

機嫌の良さがわかります(笑)。



ちょっとラーメン屋さんにでも、

行きたいなぁ〜というときに、

ぴったりのメニューです。


by tomozoushigaya | 2016-02-24 07:25 | | Comments(2)

雛人形を飾りました


立春が過ぎてから、早く出さねば、

早く出さねばと焦っていた雛人形。

ようやく昨日飾ることができました。
c0367444_16302579.jpg
かなり億劫に感じるのですが、

押入れから出してからの時間を計ってみました。

なんと、15分かかっていませんでした。

そんなに簡単なことだったのかと、

拍子抜けします。

c0367444_16302221.jpg
片付けの時は、ほこりをはらったり、

紙に包んだりするので、

もう少しかかりそう。
c0367444_16301696.jpg

とりかかってしまえば、

お雛様は可愛いし、飾るのはとても楽しい。

すぐにしまわなければならないのだから、

もっと早くだしておけばよかった、と、

毎年反省します(笑)。



玄関にも飾りました。
c0367444_16302931.jpg
和紙のお雛様は、古い友の家の

建て替え時にご自由にお持ちくださいと、

置かれていたものをいただいてきました。

100円ショップで赤いフェルトを買ってきて、

箱にまいて飾っただけ。


つるし雛は、母の友人からいただいたもの。

場が華やぎます。



工作のお雛様は、下の子が年長さんだった時に、

トイレットペーパーの芯で作ったもの。


毎年飾るたびに、それぞれ可愛いなぁと

幸せな気持ちになります。

お雛祭りは、子どもの時より今のほうが

どんどん楽しく好きになっている感じ。

春はもうすぐそこですね。
c0367444_16303216.jpg

by tomozoushigaya | 2016-02-23 06:39 | 住居・家具・防災 | Comments(0)

完成!セーター人形


昨日は、作りかけだったセーター人形を

しあげていました。

c0367444_16531397.jpg
先日参加した、手しごとの会

翌日Iさんから、「出来たよ〜!」と

メールがありました。

c0367444_16531613.jpg
可愛い!。

我が家の人形はまだ製作途中。

c0367444_16564394.jpg
「私も早く完成させて〜」と、

声がきこえてくるようでした。

もとは、小さくなって(私が大きくなって!)

着られなくなった私のセーター。

c0367444_16531994.jpg

土曜、日曜とちくちく作業をすすめ、

完成しました。

c0367444_16532260.jpg
今までにもたくさん作ったけれど、

今回のが一番可愛くできました。

いつもクリスマス前に、夜なべしごとで

二つずつつくっていたのですが、

やはり田中さんはじめ、皆と作業したのが

よかったみたい。

いつも顔がまがってついてしまうけれど、

習ったように、しつけで一周させてから

ぬいつけたら、顔がまっすぐに。

田中さんに、やっぱり顔は

あったほうがいいわよ、言われ、

緊張しながらも目をつけました。



自分のために作った人形は初めて。

可愛いし、とても癒やされます。

いろんなポーズをさせたりして、

自分が小さな女の子になって

お人形あそびしているよう。

c0367444_16532515.jpg
これは、お母さんが寝ながらテレビを見ている、の図(笑)。


一人で我流で作るのより、

やっぱりみんなで作ったほうが、

断然キレイに仕上がります。

しかも、みんなでやると、とても楽しい。

c0367444_16532909.jpg
ひとり出来栄えに満足して、ニマニマ。

しばらくは目につくところに置いて、

眺めようと思います。




by tomozoushigaya | 2016-02-22 07:04 | 衣服・手しごと | Comments(0)

1/2(2分の1)成人式


昨日は土曜授業の学校公開で、

4年生(10才)は1/2成人式をしました。



学校ごと、年ごとによって、

1/2成人式はやったりやらなかったり、

内容もそれぞれ異なるようで、

行ってみるまで、どんなものなのかは

わからないでいました。



2時間目はそれぞれの教室で

研究発表のような形式。

グループ毎に今年一年間学んだことを、

クイズ形式にして発表してくれました。

今年から全教室にプロジェクターの

スクリーンのような設備が導入されて、

小学校の授業も驚くほど進化してます。

パソコン画面や、拡大鏡を写しだしたり、

動画の上映などもできるようになります。

初めて見ましたが、これなら

授業がすごく面白くなりそう。

体育の授業でする、跳び箱の上での前転など

見せてもらえました。

発表も全員がしてくれました。

もごもごと小さな声の子がいたり、

発表の途中で止まってしまう班もありましたが、

先生は何も口出しせず、

静かに見守ってくれていました。




4年生にもなると、体の大きい子は

私の背丈とそんなにかわらないほど。

随分大きくなったのだなぁと

成長を感じました。




そのあと、体育館に移動して、

合奏と合唱、言葉のメッセージを

披露してくれました。

明るい会の進行で、

とても楽しかったです。




学年主任の先生は、

「子ども達には、合唱も合奏も

思い切り緊張してもらいました。

緊張すればするほど、心の線は太くなり、

大きくなった時に、

強い心を持つようになるのです。

子ども達は、日々学びながらも、

失敗、喧嘩を繰り返して生活しています。

小学校はすべて失敗を学ぶところなので、

それでいいのです。

これからもどんどん失敗させてください。」

と、おっしゃいました。





失敗をすることを前提に、

いつも先生は見守っていてくれて、

子ども達はこんなにいい先生や

たくさんのお友達に囲まれて、

幸せだなぁと思いました。

(子どもの失敗を歓迎できない

私は反省ばかり)




昨日はいつもの学校公開より、

4年生の保護者がたくさんいて、

懐かしいママ達にもたくさん会えて

みんな元気そうで嬉しそうで、

とてもよかったです。



学校の写真でうまく載せられるものが

ありませんでした。

かわりに、昨日の夕飯の画像。

バランスをよくしようと苦戦中。

手抜きご飯だけど、

りんごとチーズをプラスしました(笑)。

c0367444_07525691.jpg

by tomozoushigaya | 2016-02-21 08:03 | 教育・子ども | Comments(0)

肉食女子!焼肉ランチに行く

昨日は汗ばむような陽気。

重たいコートを荷物に感じる一日でした。



自転車で通りかかったお寺の桜。

見事に咲いていました。
c0367444_17111464.jpg
学生時代の友達と久しぶりにランチ。
c0367444_17112006.jpg
50歳も近い女子2人が(笑)昼から焼肉!

入るのは勇気がいりましたが、

店内には女性がたくさん。

一人焼肉するの女の人もちらほらいました。
c0367444_17112300.jpg
ちょっと目安の量にはそぐわないお肉の量ですが、

彼女とのランチとはなんでもあり、

すべてオッケーと私は心に決めているので、

これでよいのです。

ランチにビールも一口いただきました。



知り合ってからもう30年くらい経っていて、

思い出すと本当に懐かしい。

一生懸命で、若くてまっすぐで、

恥ずかしいことばかりのあの時代(笑)。



お互い歳を重ねて、

その間に、彼女には

とても大きな出来事があって、

私はそばで祈って、

心で応援することしかできませんでした。





最近は白髪が増えたとか、

体型が変わったとか、

目が悪くなったとか、

加齢による悩みの話はつきず、

家族の話や、ゴシップネタやら、

そんなおしゃべりをしているうちに、

あっという間に時間は経ってしまいました。



いつも会おう、会おうと思っていても、

実際に会えるのは年に1、2度。

心の中ではいつも思っているのにな。

用事はなくても、

これからもちょくちょく連絡しようと

思いました。



帰宅して、届いた野菜。

今日の野菜不足を補うには

十分な量です。
c0367444_17112776.jpg
先週使いきれなかった野菜これだけ。

まずはこれからせっせと、

お料理しようと思います。
c0367444_17113090.jpg

by tomozoushigaya | 2016-02-20 06:27 | 交際 | Comments(0)