カテゴリ:教養・友の会( 293 )

方面委員会 1月

昨日は方面委員会でした。

読書は「『めでたし、恵まるるものよ』」
『みどりごの心』より

自ら知らずして
生まれて来た人間(われわれ)は、
如何に死すべきかをも、
何をなすべきかをも神に任せて、
ただわれらは今日も明日も、
我が日の与えられるかぎり、
身と心をととのえて、
御用を待つものの態度において
生きるべきはずです。


昨日はお休みが多く、

全員で13名だったので、

じっくり読書感想の時間で、

皆の意見を聞きあうことができました。




総リーダー候補のこと、

来年の組織のこと、

2月の友の家を使ったイベントのこと、

などを話し合いました。


楽しかったのは、3月の感謝会のお料理のこと。

いつも年度末は皆でお料理を作り持ち寄り、

楽しく会食をします。

肉、魚、青菜、野菜、デザートと、

最寄ごとに担当を決めて作ります。

毎年、本当に素晴らしいお食事で、

その後我が家のレパートリーになることも多いので、

とても楽しみにしています。

私の最寄では、デザートを担当することになりました。

何にするのか、皆で話し合おうと思います。

こういう話しは、楽しいですね(笑)。
c0367444_07170732.jpeg
昨日の日中は日差しがあたたかく、

明日館の桜の枝も、

心なしかふっくらしてきているように見えました。

寒さの中でも、

春は一歩ずつ近づいてきているのでしょうね。



by tomozoushigaya | 2019-01-18 07:17 | 教養・友の会 | Comments(0)

ニューイヤーコンサート

昨日はニューイヤーコンサートでした。
c0367444_07370327.jpg
今年はいつもの芸術劇場でなく、

以前、全国大会の会場にもなった、

練馬文化センターでした。
c0367444_07374845.jpg
一緒に行ってくれた近所のママ友と、

駅前でランチをして向かいました。
c0367444_07372884.jpg
それほど音楽に造詣の深くない(笑)私ですが、

コンサートはとても楽しかったです。

バイオリンは奥村愛さん、

ピアノは斎藤圭土さん。

ともに若く、美しく、実力があって、

多方面で活躍中の演奏家さんです。

生のバイオリン演奏の響きの美しさにうっとりし、

ブギ・ウギ・ピアノという、初めて聞く

ピアノの演奏の楽しさと迫力に圧倒されました。

とてもお安い席でいったので、

映画を見るのとあまりかわらない位のお値段で、

とても優雅な時間を過ごすことができました。

ステージの輝きにうっとりし、

初春のコンサートというのは、

気持ちが洗われて、とてもいいと思いました。
c0367444_07375958.jpg
思いかけず、春のブーケをいただきました。

うちに帰っても、幸せな優雅な気分がずっと残り、

私は1日、「やさしいおかあさん」でいられました(笑)。

こんな毎日がずっと続くといいのになぁ。



昨年春から準備を進めた催し物係のみなさま、

チケット係のみなさま、

本当にお疲れさまでした。

方面のチケット係の方も、

最後の最後までたくさんの方に声をかけていただき、

チケットを買ってもらったようです。

とても楽しいコンサートだったので、

本当によかったと思います。

どうもありがとうございました。



by tomozoushigaya | 2019-01-15 07:51 | 教養・友の会 | Comments(0)

例会 1月

昨日は例会でした。

読書は「数の恩寵」『みどりごの心』

神国建設を目的とする
私たちの友の会にも
多くの人が入用です。
まず私たち一人一人が、
友の会のために実に
大切な一人一人だと思いましょう。


総リーダー候補の方々の読書感想をきき、

今までない理解を得ることができました。

昨日は方面の生活勉強の発表もあり、

午後は総リーダー候補を囲む会もあり、

ちょっと飽和状態で、

頭がまだうまく働きません。
c0367444_07133012.jpg

友の会の3学期は、

あれこれいろいろ考えることも多く、

なかなか大変です。
c0367444_07133321.jpg
近所で見た美しい夕焼けに癒されました。

ただただ美しいなぁと、

しばし見とれてしまいました。

by tomozoushigaya | 2019-01-11 07:20 | 教養・友の会 | Comments(0)

方面会 12月

昨日は今年最後の方面会でした。

読書は「寛容」『思想しつつ生活しつつ』(下)

今のわれわれに必要な寛容は、
自分の思いに反対な人の意見は、
進んで聞いてみよう、
他の心持ちのある所を
ほんとうに理解してみよう。
それでもなお、自説に確信を持つならば、
もしも相手がこちらの直言を嫌う時にも、
落ちついた心をもって、
自他のために自分の思いを
正直にあらわしてみよう。



昨日はお休みの連絡が多く入っていましたが、

27名の参加がありました。

講習会の準備で今まであまりできなかった、

最寄発表が2つありました。

落合最寄は「調理実習再び」と題して。
c0367444_07444365.jpeg
西巣鴨最寄は缶詰料理の勉強のその後。
c0367444_07450304.jpeg
大変興味深く聞きました。

それぞれの最寄の個性が出ていて、

最寄会の楽しさが伺えます。



いろいろな話し合いをすませて、

後半は今年最後の手仕事の時間。
c0367444_07442024.jpeg
家に帰ってからも、皆から

「できた」「できた!」と

完成品の写メが送られてきたほど。

みんなでもりあがりました。


この内容は来年の例会で発表することになったので、

詳細はお楽しみに。

また、詳しくご紹介したいと思います。



まだ、いくつかのお仕事が残っていますが、

とりあえず年内の大きなお仕事が終わって、

ほっと一息つきました。

東京は今日もいいお天気です。

ではではみなさま、よい1日を。





by tomozoushigaya | 2018-12-21 07:46 | 教養・友の会 | Comments(0)

方面委員会 12月

c0367444_07300966.jpg

冬枯れの明日館。

外国人のグループや、団体の見学のグループが、

熱心に建物やお庭を見ていました。




昨日は方面委員会でした。

お休みが多く、最終的に14人での、

こじんまりとした会でした。

読書は「われら友あり」『教育三十年』より

われら友ありという気のする時ほど、
豊かに楽しいことはない。
こうした時を多くもつ人になりたい。
われら友ありの高い幸いな感じは、
愛する友と顔見合わせて共にいる時よりも、
快くきょう1日の仕事も終えて、
静かに美しい夕日のなかにただ一人あるような時、
またそれと反対に、何となく力なく哀しい時に
つくり出され発見される心持ちである。
年の暮れが来る、クリスマスが来る。
そうして私は多くの友を憶(おも)う。



ールが無事に終わってやれやれと一息ついたとき、

どうしてこんなことが可能になるのかと思うと、

やはり友の会は友のいる会だからなのだと思います。

ひとりではできないことも、

友がいること、友がいるとおもうことで、

できるようになるのだなぁと思います。



ゆっくりと読書をして、

ひとつひとつの議題を丁寧にみなおして、

和やかに会は終了しました。

来週の方面会で、

年内の活動は終了です。



健康のこと、介護のこと、家族のことなど、

皆、いろいろな心配事や悩み事が

たくさんありますが、

友とあるというのは、

とても心強いのだと思いました。




by tomozoushigaya | 2018-12-14 07:31 | 教養・友の会 | Comments(0)

クリスマス友情市場と全リーダー会

会場は熱気にあふれていました。

どの方面も机の上は手作り食品や

製作品がいっぱい。
c0367444_07565472.jpg
錦松梅風ふりかけも買っていただき、

どうもありがとうございました。
c0367444_07565926.jpg
c0367444_07570335.jpg
c0367444_07570799.jpg
戦利品。

お使い物も含めて、たくさん購入できました。

見返してみても、嬉しいお買い物ばかり。
c0367444_07571635.jpg
頑張った(少しですけど)自分と、

頑張ったみんながいて、

帰宅後はとても充実した気持ちになりました。



午後は全リーダー会。

美味しいシチューをお腹いっぱい食べて、

なかなか頭が働きませんでしたが、

あらゆる部署の働きをかいまみて、

本当に友の会は、働き者の集まりなのだと、

思いました。

またひとつ、年末のイベントが終わり、

今年が暮れてゆきます。


by tomozoushigaya | 2018-12-12 08:08 | 教養・友の会 | Comments(0)

クリスマス友情市場

今日はクリスマス友情市場。

私はいつもの錦松風風ふりかけを作りました。

昔100gで売られていた鰹節は80gが1パックとなり、

松の実も15gで250円と、

材料費が高騰しています。
c0367444_07440504.jpg
それでも、混ざり気のない材料だけで、

とても贅沢なふりかけだなぁと、

作りながらも楽しくなります。
c0367444_07441058.jpg
やみあがりの上の子が、

雑炊とぬか漬けきゅうりをぱくつきながら、

あのふりかけ食べたい、と言いだしました。

においにそそられたよう。

そういえば、おかゆなんかにも、

ぴったりですね。

この場を借りて、宣伝(笑)させてもらいました。



今日のクリスマス友情市場は、

11時から12時15分まで、友の家にて。

一応、会員向けのセールですが、

友の会のファン(?)の方は、

ご利用いただけます。

お近くにいらっしゃいましたら、

どうぞ、おでかけくださいませ。

by tomozoushigaya | 2018-12-11 07:52 | 教養・友の会 | Comments(0)

打ち合わせ

昨日は私の担当している友の会のお仕事で、

外部の方と打ち合わせをしました。



立ち上げ当初から担当していたOさんと、

今年度最初から毎回フォローをしてくれているNさん。

先方の担当の方と、今年度異動してこられた、

担当部長さんの五人。

Nさんが手作りのシナモンのシフォンケーキを

焼いてお迎えしてくれました。

c0367444_10034291.jpeg
前回はティラミスを作ってくれたのを思い出しました。

手作りのケーキで人をお迎えできるのは、

格好いいなあと憧れます。



友の会の知恵が、

外部の人にうまくつたわりますように。

お仕事で忙しく生活されている方が、

家のことを楽に気持ちよくできるように。

今の時代をともに生きる人々に、

友の会が何を発信できるのか。

試行錯誤を続ける毎日です。

いつもメールでやり取りをしている、

相手のお顔を見られたことで、

また頑張ろーと思えた一日でした。

自分にできることを少しずつ、

やっていこうと思います。

by tomozoushigaya | 2018-12-08 09:47 | 教養・友の会 | Comments(0)

最寄会 12月

c0367444_07291501.jpg
昨日は最寄会でした。

講習会の一連の準備があったので、

ゆっくりと集まるのは久しぶりのことでした。

お宿はクリスマスの飾り付けが

素晴らしく美しいSさんのおうち。
c0367444_07292066.jpg
読書は「良夜」『みどりごの心』

このようにして蛙(かわず)の声を聞いたのは、
この間ではなかったか。
あわただしき移りかわり、
そのために一層この天地の閑(しず)かさが思われて来る。
その悠々たる姿を思わせる天も地もまた
過ぎ去ってゆくことを感ずる時に、
いよいよその奥にあるものの
本当の落ち着きと平和さが分かって来る。



読書をして、これまでの勉強の振り返りや、

年末の家事のこと、来年度の組織のことなど、

さまざまなことを話し合いました。



一番のお楽しみは、お昼のお食事。

ごほうび(?)に、Tさんが

チキンカレーを作ってくれるというので、

それにあう一品の持ち寄りを持って行きました。
c0367444_07292664.jpg
私はりんごとレーズンが入った白菜サラダ。

これは食堂レシピのもので、

前日に実家からりんごを

送ってもらったところだったので、

おいしくできました。

あとは、大豆のドレッシング漬け。

大豆はずっと煮ようと思いながらできずにいました。

ようやく煮られて、ほっとしました。

(家で半量をぶどう豆にしたら、

子どもに「お豆、久しぶりだね」と言われてしまいました。)
c0367444_07293415.jpg
秋の一連の働きが終わって、

ほっとみんなでテーブルを囲んで、

とても楽しいひとときでした。

友の会から帰ると、「もうちょっとがんばろー」

と思えるから、不思議だなぁと思います。

エネルギーをもらえているのだろうな、と思います。


by tomozoushigaya | 2018-12-07 07:48 | 教養・友の会 | Comments(0)

例会 12月 クリスマス礼拝

c0367444_07570459.jpg
昨日は例会でした。

読書は「ともに目ざすこの慕わしい道」

『全国友の会五十周年記念』より

今回は総リーダーの意向で、

著作集ではなく、記念史の記述から、

お話をされました。

全国友の会の創立、生活合理化の意味、

家事家計講習会の元となった展覧会の話しを

丁寧にしてくれました。

友の会は何かをもらう場所でなく、

持っているものを差し出す場所です、と。



昨年度取り組んだ「教育費しらべ」を

とてもユニークに、わかりやすくまとめた、

光が丘方面の発表も聞きました。

いろいろな世代の実感や感想を交えた、

とても勉強になる発表でした。




昨日は例会はほんの1時間で、

後半はクリスマス礼拝でした。

日本キリスト教会 柏木教会牧師の

冨永憲司先生が礼拝をしてくださいました。

クリスマスの美しさは何なのかというお話から、

私たちはすでに愛されていること、

自分を犠牲にすること、差し出すことの大切さを、

わかりやすくお話してくださいました。



信仰を持っていない私でも、

このクリスマスを世界中の人が祝い、

愛について考えることが、

とても温かくていいなぁと思い、

心が洗われたように感じた一日でした。

c0367444_07570833.jpg




by tomozoushigaya | 2018-12-05 07:57 | 教養・友の会 | Comments(0)