白雲抱幽石

昨日は月に一度のお茶のお稽古でした。
c0367444_07313848.jpg
掛け軸は「白雲抱幽石」

(はくうんゆうせきをいだく)でした。

夏の大きな入道雲が大きな岩石を抱いている様子。

光景が目に浮かび、

時間が止まったようで、しばし暑さを忘れます。



ひと月に1度のおけいこなので、

動作は毎回全て忘れ去っていて(笑)、

人のやるのを見ているとわかるのだけど、

自分がやるとなると、頭は真っ白。



それでも、決まった作法、

決まったものの置き場など、

あるべきところで、あるべきようにあるお茶室の全てが、

自分の心を整えてくれるようで、

お茶室に身を置くのは、

とても気持ちがいいものです。

昨日は暑さでぼけていた頭が、

少しすっきりしたかんじ。



忘れないように復習しようと思いながら、

毎回できずにいる私です。

次回までには、

復習しようと思いますが、

それもちょっと不安であります。




by tomozoushigaya | 2018-07-25 07:47 | 教養・友の会 | Comments(0)
<< 換気扇掃除 麻婆なす >>