大雨の被害

昨日は一日大雨のニュースが流れていました。

川が氾濫し、土砂が崩れ、

甚大な被害が起きているよう。

心よりお見舞い申し上げます。



先日の記事にあったライスクッカーをくれたお友達は、

今広島にいて、私がブログを始めた頃から、

応援をしてくださった方が、

倉敷の友の会にいらして、

会員の方もたくさんいらっしゃるだろうからと、

昨日はずっと気がかりな一日でした。

お友達は大丈夫と連絡があり、

友の会の方はブログでご無事とのことでした。



「力なく悲しい時はちいさごと 特に励めと御霊いう」

羽仁先生の言葉がうかび、

昨日の夕方は手仕事をしていました。

公共のさらし縫いは、

ミシンの針を11号から9号に変えたら、

縫い目が乱れるのがなくなりました。



下の子が無理やり背中に背負って、

持ち手が取れたプールバック。
c0367444_07362631.jpg
ラミネートのカバンを作ったことがあり、

特殊なミシンの押さえがあったので、

だめもとで修理してみました。
c0367444_07363656.jpg
裏側にボンドで生地を貼り付けて乾かし、

ミシンでまわりをぐるりと塗ってみました。
c0367444_07364289.jpg
両側の持ち手を縫い、なんとか復活!

今シーズンはこのまま使えそうです。

ただ、底の角も破れてきているので、

こういうナイロン製品は、

そろそろ寿命なのかもしれません。

まぁ、4年も使えたら、

十分なのかもしれないのですが、、、



手を動かしていると、

少し気持ちが落ち着くような気がしました。

被災された方々の生活が、

一日も早く取り戻されますように。






by tomozoushigaya | 2018-07-08 07:42 | 時間のこと・日記・つぶやき | Comments(4)
Commented by kurashiki-keiko at 2018-07-08 14:30
お見舞いありがとうございます。幸い我が家の方は同じ倉敷市とはいえ真備地区とは離れているので、高梁川の決壊もなく無事でした。一時は心配しましたが、ほんとうによかったです。
Commented by kurashiki-keiko at 2018-07-08 15:42
倉敷友の会は、実は7月6日、大雨洪水警報が出た中、予定通りセールをするかどうかとても困りました。が、せっかく作った製作品を無駄にしたくない、という思いでシニア会員が集まり、どうにか開くことが出来ました。その写真は友の会ホームページ「これまでの行事」の所にアップしていますのでよかったらご覧ください。
Commented by tomozoushigaya at 2018-07-09 06:55
おはようございます。
セールを開催されたというコメントは、実は今朝気が付きました。
中止になっても仕方がないと誰もが思われる中、実行に踏み切られた決断に、羽仁先生の強さを感じておりました。東日本大震災後の友の会の活動のようですね。誰もが不安でいるなか、いつもの通りの行動をすることで、周囲の方々も気持ちを落ち着かせることができたのだと思います。本当にお疲れさまでした。

Commented by tomozoushigaya at 2018-07-09 06:56
ニュースで何度も高梁川のことを報じていました。
早く水が引いて、生活が戻られますよう、お祈りしています。
<< 有事の時でも おしゃもじのその後 >>