例会 7月

昨日は例会でした。
c0367444_09001056.jpg
読書は「光にあゆむ」『友への手紙』より

お互いに強く努め研究しあってやまなければ、
真理を明らかにすることができるのである、
一歩一歩歩み心に近づくことができるのである。
面倒なこと遠すぎること高すぎることのように
聞こえるけれど、道は近きにあり、
天に通ずる道は特にいつでも近きにある。
光に歩みさえすればよいのである。
人間(われわれ)の毎日することの中に、
どんなに小さなことにも、
必ず明暗二つの道がある。
そうして人はいつでもその岐路に立っているのである。



総リーダーのUさんは、「高年の集まり」の礼拝で

聞かれたというぶどう園の主人の話を紹介してくれました。

朝早くから仕事をした人と、

夕方から少しだけ仕事をした人で、

同じ賃金を与えた話。

神の国は、非合理的、非効率で、

きずなとなるのは主人の思い。

それはすなわち愛であると。

友の会の働きも、みな同じで、

愛の中で成長することができ、

無限に成長できる。

と、聞きました。

うーむ、とうなってしまいました。


生活勉強では洗濯のお話。

国際基準に変更された、

洗濯マークの見方を教えてもらいました。

いろいろな観点から洗濯についての話を聞き、

とても勉強になりました。
c0367444_09001663.jpg
c0367444_09002321.jpg
お昼あとは、コーヒーやお菓子を囲んで、

教育費カフェ。

方面の壁をこえ、いろいろな方々と話ができて、

とても、とても面白かったです。
c0367444_09002702.jpg
以上、駆け足でありますが、

昨日の例会のご報告。

本日も朝からバタバタしています。

すみません、今日はこのへんで。

みなさまも、よい1日を。

by tomozoushigaya | 2018-07-04 09:13 | 教養・友の会 | Comments(0)
<< おしゃもじが お疲れ様!日本代表 >>