手作りおもちゃ 的あて

我が家には私の作った、

手作りの的あてがあります。
c0367444_16172473.jpg
友の会に入会して間もない頃、

『婦人之友』に掲載されていて、

自分で作りました。


材料費も結構かさみ、

数字のカーブなどが難しく、

とても苦労したけれど、

がんばって作りました。



下の子がお腹の中にいて、

生まれてきたら、きっと忙しすぎて、

もうこういったものは、

きっと作れないと思い、

必死だったような。

今作って、と言われても、

作れないので(笑)、

お母さんになるっていうことは

とてつもないパワーを

出せるのだと思います。



子ども達にとっては、

この的あては、

壁紙のようで(当たり前にありすぎて)

小さい頃から、

全く反応しませんでした(笑)。

遊びに来たお友達や、

甥っ子達が楽しそうに遊ぶばかり。



まぁそれもよいかと思い、

たいして気にしていなかったのですが、

ここ1年ほど、気がつけば、

毎日この玉が、うちのどこかに

転がっている。

気がつくたびに、的に戻すのですが、

また床に落ちている(笑)。

遊んでいる姿を見ることは、

あまりなかったのですが、

どうも子ども達が一日中、ちょっとした

時間の合間に投げているようなのです。



玉につけてあったマジックテープが

取れかかってきたので、

昨日は修繕をしていました。

c0367444_16172913.jpg
よく見ると、マジックテープに

糸くずがからみついていました。

的にあたっても、よく落ちてしまう。

ついでに、これらも取り除いたら、

とてもきれいになりました。

c0367444_16173712.jpg
試しに投げてもらったら、

吸着力が違うようで、

バシッと的につくようで、

投げてもとても気持ちよさそう。

ちゃんとメンテナンスしてあげると、

やはり違うものだなぁと、思いました。



手作りのおもちゃって、

大人も子どもも、

愛着がわいて、

嬉しいものだなぁと、

思います。





by tomozoushigaya | 2016-11-14 06:35 | 教育・子ども | Comments(0)
<< 美容室に行きました 雨上がり >>