野の花の姿

こんにちは。

この春、下の子どもが小学生になりました。

小さな体で大きなランドセルを背負う子ども。

私も何かがんばろー、という気になり、
今まで興味のあったブログを立ち上げました。
私のささやかな日常の記録です。
c0367444_15273083.jpg

今、小学4年生の長女が生まれた年、
私は友の会と出会いました。

その頃私の住んでいた近所に、婦人之友社と友の会の本部がありました。

c0367444_15273536.jpg

友の会というのは、羽仁もと子さんという、
日本で初の女性ジャーナリストが作った団体。
雑誌『婦人之友』を出している婦人之友社、自由学園という学校、
『婦人之友』の読者で作る友の会、この3団体が
力を合わせて協力しています。
(写真は自由学園明日館。建築家フランクロイド ライトの作です)

出産後の慣れない子育て、そして
それまでの自由な生活とのギャップに戸惑っていた頃でした。
友の会に参加してみると、そこには30代から90代の
いろいろな年代の女性が集って、勉強や研究をしていました。
熱心に話し合いを重ねて、組織を運営していました。

そこで私は、お料理、洗濯、掃除、家計簿のつけ方、
子どもとの接し方など、ありとあらゆることを
教えてもらうことができました。

調べ物や宿題が多かったり、自分の理想と現実のギャップに落ち込んだり、
人間関係がうまく消化できなかったりと
いろいろつまずいてばかりでしたが、なんとか10年続けてきました。

羽仁先生はクリスチャンでいらっしゃり、
思想の根底にはキリスト教の教えがあります。
とはいっても、すべての会員がクリスチャンというわけでなく、
私のように、クリスチャンでない会員もたくさんいます。

ブログのタイトルー野の花のようにーは、
羽仁先生が作詞した「野の花の姿」からつけました。
友の会60周年の時に、作曲依頼してできた歌だそうです。

友の会に入っていなかったら、
今の私はなかっただろうなぁと思います。
ブログを通して、この友の会の良さを
少しずつお伝えできればいいなと思っています。

あまり真面目な会員ではないのですが、
これを読んだ方が、これなら私にもやれそうだな、
と自信をもってもらえたら。
友の会覗いてみようかな、と興味を持ってもらえたら
いいなぁと思ってます。

どうぞ、よろしくお願いします。







by tomozoushigaya | 2015-04-16 15:35 | 教養・友の会 | Comments(0)
<< 最寄り会って