永いお別れ

c0367444_07445827.jpg
病と闘われていた小林麻央さんが、

あの世へ旅立たれました。

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

ご家族の悲しみが、一日も早くやわらぎますように。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

昨日の昼ごろニュースを知って、

しばらく頭が真っ白になってしまいました。

今日も今の今まで、自分のブログが書けずにいました。


なんてこの世には悲しいことがあるのだろう。

と、思いながら同時に、麻央さんの闘病は、

私の身近な人々の姿に重なることが多く、

今現在の、そして過去の、みんなが体験してきた

つらさ、悲しさを改めて知る機会にもなりました。



乳がんで妹を亡くした私の友。

がんで幼い子ども達と妻(友)を残し旅立った同級生。

若い娘さんを亡くした知人達。

がんを体験した、あるいは闘病中の家族、友人、知人。

がんでなくても、ALSのような難病と闘う人々。

事故や天災で命を落とした人、その家族。

先天的な病などで、幼い頃に命尽きた人々。



麻央さんの闘病は、彼女の苦しみと同時に、

同じ病と戦っている人々、その家族の苦しみや

つらさも、私に思い起こさせてくれました。



私は毎日些細なことで腹を立てたり、へこんだり、

その度に、麻央さんのブログが頭に浮かびました。

麻央さんだったら、こんなことで愚痴らないよな、

麻央さんはもっとがんばっているんだよな。

なんと表現すればよいのか、

言葉が見つからないのですが、、、

観音様のような美しさを放ち、

最後までまっすぐな生き様を見せてもらいました。

子どもに教えるべきことを、短期間で

すべて表し尽くした闘病生活だったと思います。



人の命はいつか尽きること。

その日までは、生きなければいけないことを、

改めて、彼女に教えてもらったような気がします。



この場を借りて、麻央さんへの感謝を

表したいと思います。

どうもありがとうございました。

どうぞ、安らかにお眠りください。

そしてお二人のお子さんの成長を、

あの世から見守ってください。




毎日のブログが読めなくなるのが、

たまらなく、寂しいですね。


# by tomozoushigaya | 2017-06-24 08:08 | 時間のこと・日記・つぶやき | Comments(0)